ムダ毛の構造

ムダ毛(体毛)の構造

ムダ毛(体毛)の構造

ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通っているなら、ムダ毛、人間の体毛の構造についても理解しておきましょう。とくに毛根部の構造について理解しておくことは重要です。


最初に断面図を示します。図に記載されている用語について、順に解説して行きますね。


毛幹と毛根の区分

ムダ毛、体毛が毛穴からでていて目に見える部分を「毛幹(もうかん)」と呼びます。一方、毛穴の中で目に見えない部分を「毛根(もうこん)」と呼びます。


脱毛は美容のために行うものですので、毛幹部が無くなること(目に見えなくなること)が求められるのですが、体毛の構造上重要な部分はすべて毛根部にあります。


基本的に、毛根部の構造を理解することが重要になってきます。


毛根部の構造

毛根部の構造を、体毛1本ずつの単位で見ていくと、「毛包(もうほう)」という袋状の組織が一番外側にあります。毛包の皮膚表面に開いた出口が「毛穴」です。


毛包の奥、ムダ毛の根元には「毛母細胞(もうぼさいぼう)」がぎっしり詰まっています。毛母細胞は、人間の細胞の中でももっとも細胞分裂が速いものの一つで、そのためにムダ毛(体毛)は体感できる早さで伸びていきます。


毛母細胞のさらに奥には「毛乳頭(もうにゅうとう)」があります。毛乳頭は、毛細血管から栄養を取り込み、毛母細胞に伝えています。つまり毛乳頭が無いとムダ毛は成長することができないのです。


光脱毛もレーザー脱毛も、毛根部の毛乳頭に熱でダメージを与えることで脱毛効果を発生させます。


毛乳頭の働きを弱める(光脱毛)あるいは、毛乳頭を壊す(レーザー脱毛)ことによって、脱毛を実現しているのです。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 小倉駅前店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!