ムダ毛の自己処理について

ムダ毛の自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理の注意点

自己処理(じこしょり)とは、脱毛についていうときは、ムダ毛を自分自身で取り除くことを意味します。


ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通っていても、脱毛施術が終わるまでの間は、ムダ毛の自己処理を継続する必要があります。


ムダ毛の自己処理は、どれほど気を使っていても、肌に一定の負担はかかってしまうものです。


このため、肌のトラブルの多くはムダ毛の自己処理が原因となっています。自己処理について正しく理解しておくことはとても重要なんですね。


ムダ毛を抜くのはできるだけ避ける

ムダ毛を抜くのはできるだけ避ける

一番最初に理解しておきたいのは、ムダ毛を抜くのはできるだけ避けた方が良いということです。


ムダ毛の毛根が生きている状態で抜いてしまうことは、肌への負担がもっとも大きいことなんですね。(ラヴォーグのような全身脱毛サロンでの脱毛処理は、ムダ毛の毛根の機能が弱まり、脱毛が起こるもので、これとは違います)


毛抜きはもっとも簡単、単純な自己処理の道具ですが、この1本のムダ毛を抜きたい、というときには止むを得ないとしても、例えばワキ全体を毛抜きで自己処理するとか、そういうことは避けた方が無難です。


毛抜きと同じように、ムダ毛を抜く系統の自己処理に属するものとしては、脱毛ワックスとか脱毛テープも含まれます。とくに脱毛ワックスは一部で人気ですが、毛抜きの大規模版と言って良いものですので、できるだけ避けた方が良いでしょう。


正しく使えばカミソリがベスト

正しく使えばカミソリがベスト

カミソリで剃ることは、ちゃんと正しく使えば、自己処理の方法としてはベストの方法の一つです。


カミソリで剃ると、ムダ毛の毛根部はそのまま残り、ムダ毛を途中でカットすることになります。毛根部は残ることで、肌に極端に大きなダメージは与えずに済むのです。


もちろんカミソリを使う際にも注意点はあります。


カミソリで剃ると、ごく薄くですが、肌も削り取っていることになりますので、最後に説明する、自己処理前後のケアはしっかり行うようにしましょう。


カミソリと同じように、ムダ毛を途中でカットする系統の自己処理方法としては、電気シェーバー、脱毛クリーム(除毛クリーム)などがあります。脱毛クリーム(除毛クリーム)は薬剤の力でムダ毛を溶かすものですが、比較的に強い薬剤が用いられることもありますので、自分の肌との相性には気を付けましょう。


自己処理前後のケア

自己処理前後のケア

自己処理前後のケアの流れは次のようになります。


@自己処理前は温めてムダ毛を柔らかくして毛穴を開かせる。
A自己処理後は冷やして肌を引き締める。
B最後に保湿ケアをしっかり行う。


こうしたケアを行うためには、蒸しタオルを活用すると便利です。


蒸しタオルは自宅でも簡単に作ることができます。水に濡らしたタオルを、食品用のラップで包んで30秒ほど電子レンジで温めればできあがりです。(温める時間で好みの温度に調節してみてください)


蒸しタオルは、温かいうちは自己処理前のケアに使えますし、冷えてきたら自己処理後のケアに使うことができます。蒸しタオルを活用して、正しく自己処理を行いましょう。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 小倉駅前店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!